alt Re: † ポケモンハンター 【NEO】 † ( No.20 )

日時: 2008/06/01 16:39
名前: 真珠






やっと3分が経った。モニターに映像が映る。

『…………が』

『………………』

「な,何?」

まったく聞こえない。

リノはモニターの音声を調整した。

『リッシ湖のアグノム』

(アグノム!?)

『安らかに眠りたまえ……。もうじきあと2匹の仲間がやってくるぜ……』

(誰の声だろう)

モニターからは男の人の声が聞こえた。

『サターン。あんたエイチ湖には?いついくつもりよ』

マーズの声だ。そうやら男の声はサターンというらしい。

『まあ待て。ボスからの命令はまだでていないじゃあないか。気長に待とう』

『でもねぇ,陰からはロケット団とやらがいるのよ?先を越されたら大変よ!』

『待てといっているだろう』

サターンはいたって冷静だ。マーズは少しあせっている様子……。

『こうして,リッシ湖のアグノムがいるのだから……』

サターンがモニターに映る。

(何あれっ……変な髪型)

ネオとリノは少し吹き出しそうになってしまった。

サターンがモニターに映るということは,サターンがマーズの方を向いているということ。

『アグノムだけではディアルガ・パルキアは手に入らない』

ジュピターの声も聞こえた。

『フッ……。残りの2匹を奪われたとしても,奪い返せばいい。そんなの楽勝さ。このサターン様の技術にかかればな!』

サターンはずいぶんと自信のある人だ。この人もマーズ・ジュピターと同じ位の人物なのだろうか。

『アカギ様がお呼びだ。また会おう。次はエイチ湖だ…………』

サターンはそう言ってマーズの前から消えた。

サターンが消えたと同時に発信器の通信もとぎれた。

「アカギ様?って……」

ネオは腕を組んだ。考え事をするときのクセである。

「“様”付けでしたね……」

サターンやマーズ,ジュピターでさえ偉い位にいそうなのに,“様”づけをする人物……。

「……ギンガ団の ボス」

ネオの口からでた言葉。

「ねぇ,次はエイチ湖って言ってましたよね?」

「うん。ヤバイよ。伝説のポケモンが奪われる!」

「今すぐボスに報……」

「そんなヒマはない!」

ネオはハンガーに掛かっているジャケットを着て,部屋をとびだした。

「あぁ,待ってください!ネオ!」

リノも急いで部屋を出た。手には“Bボール”を持っていた……。

エイチ湖はキッサキシティにある。前にクレモナを見に行ったときに行った湖だ。

「ネオ……。あの時はクレモナさん,洞窟のような所に入って出てきたとき,なにもなかったような顔してませんでした?」

「うん。だけど,今はきっといるよ!ギンガ団が言うんだもの」

ネオは真剣な表情だ。

1時間後。キッサキに到着した。

「うぅ……やっぱ寒っ」

気温は……−6℃。

寒さに耐えつつ,すぐにエイチ湖へ向かう。

「そう言えば,リノ。この前リノが作ってた“Bボール”ってさ,クレモナが持ってた“PHボール”と一緒なの?」

「え?違いますよ」

リノはポケットからBボールを出した。

「Bボール……ブラックボールは捕まえても悪の心にはなりません。PHボールは捕まえたポケモンが悪の心へと変化していってしまうボールなんです」

エイチ湖のほとりを慎重に歩く。誰かいるかも知れない。サターン……マーズ……ジュピター……。



ガサッ!!!

後ろから草の音がした。

誰か居る……!?


まさか,ギンガ団?








*ヒトコト*
最近,皆さんコメントありがとうございます。>U<;;
本当に嬉しいですー。



メンテ