icon ポケ狩りバケーション 約2年ぶりの更新!

日時: 2009/09/25 14:05
名前: YO/M
情報: h115-165-28-103.catv02.itscom.jp

     ♪はじめに♪





やっと2スレ目だ〜!!初めての方もいるかと思いますがよろしくお願いします。

自分のこだわり、新スレ作ったら必ずHNを変える。今までのHNは『MMM』→『YO!!(元MMM)』→『MMMだYO!!』でした。

そして今回は!!『YO/M』です!!読み方は『ヨウ・スラッシュ・エム』または略して『ヨウスラエム』です。覚えてくださいね

感想以外はお断りです。アドバイスは別ですが。

前置きはこれくらいにしておいてこの『ポケ狩りバケーション』の登場キャラを書きま〜す♪♪




     ♪キャラ紹介♪





サトシ ♂ (13):

最近ミシロタウンに引っ越してきた少年。前にオダマキ博士とポケモンをもらう約束をした。

夢はポケモンマスターなんだが、ハルカのせいで狩りに目覚めてしまった。(第3話参照)

ハジツゲタウンでオダマキ博士を目撃し、ハルカ達とともに追っている。




ハルカ ♀ (13):

サトシの隣の家に住んでいる女の子。オダマキ博士の娘。

この物語では破壊神です。出てくるポケモンは食べます。弱肉強食の世界だから☆今はサトシと一緒に旅をしている

ハジツゲタウンでオダマキ(親父)を目撃し、サトシとともに追っている。ちなみに破壊神レベルMAX



オダマキ博士 ♂ (不詳):

ハルカの父で結構有名なポケモン博士。サトシにポケモンをあげる約束をしている。第6話でハルカ達と再会!

何かをたくらんでいる様子…。今はどこにいるのか不明



ジグマ ♂ (ジグザグマ。年齢不詳):

僕のデビュー作『ジグパッチinワラシ』の主人公。口調は高校生みたく一人称は『俺』。パッチと旅をしていた

今はハルカ達の契約の下で一緒に旅をしている。この物語では微妙なやられキャラ




パッチ ♂ (パッチール。年齢不詳):

ジグマと同じ『ジグパッチinワラシ』の主人公。口調は少々ガキっぽく、一人称は『僕』。ジグマと旅をしてる

彼は少し意地っ張りな性格。攻撃力が1.1倍です(Byサトシ

今はハルカ達の契約の下で一緒に旅をしている。この物語ではかなりのやられキャラ。たまにキャラが崩壊する



ワラシ ♂ (ユキワラシ。年齢不詳):

『ジグパッチinワラシ』の3人目の主人公。ジグマたちがノーマルランクを優勝したとき仲間になった。

口調はジグマとパッチの中間、一人称はジグマと同じ『俺』。コンテストに出場し、にらみつけるのおかげで優勝。ハルカのお気に入り

今はハルカの契約の下で一緒に旅をしている。この物語ではいじめられることはない。ハルカのお気に入りだから☆





     ♪あらすじ♪





ある日小さな村にすんでいるサトシくんはオダマキ博士に電話します。しかしハルカから苦情が来て翌日会うことにしました。

しかし研究所に行ってみればハルカしかおらず、そこにオダマキ博士はいませんでした。

机には旅に出るとかいてあり、ハルカは父を探しにいくと研究所を飛び出します。

それに少し遅れてサトシも研究所を飛び出します。しかし外にはハルカはもういませんでした。

サトシがハルカを探すなか草むらから悲鳴が!!ハルカがポチエナの集団に襲われている!!

それをみたサトシは助けに行きます!!…が。ハルカは逆に「晩飯だー!!!!!!」と叫びながら襲っています。

そして晩飯(ポチエナ)を捕ったハルカは一緒にオダマキ博士を探しにいこうとサトシを誘い、二人は父親探しの旅に出ました…。

キンセツシティでなんとオダマキ博士を発見!!(第6話参照)しかし、オダマキ博士はポケモンを使ってハジツゲタウンに逃げてしまう!!

そして邪魔したテッセンをボコ殴りにしてハジツゲタウンに向かう

そしてハジツゲタウンに着いたハルカ達はポケモンコンテスト会場に入る。

そこでしゃべるポケモン、ジグマ、パッチ、ワラシと出会い彼らを子分として一緒に旅をすることに…(第8話参照)

今彼らはりゅうせいの滝にいます。そこでジグマたちの初めての狩りをしてパッチが気絶した。5人の中でパッチだけがポケモンを食べない(第10話参照)

そして今ジグパッチINワラシというチームでハイパーランクに挑戦中!!果たして優勝できるのか!?



     ♪『ジグパッチINワラシ』について♪




自分のデビュー作。しかしもうとっくに削除されています。なのでおおまかなシナリオを書いておきます



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ある日。フエンタウンにジグザグマ(通称ジグマ)とパッチール(通称パッチ)が住んでいました。

ジグザグマとパッチールは昨日のニュースについて語っていました。

それはなんと、ここ一週間ジグザグマの生息数が3分の1に減ったというもの。

これについてジグマは何でだと思う?とパッチに聞いたとこ、パッチは軽がるがしく

「努力値稼ぎのためだけに存在してるようなものだから、殺されても構わないからじゃない?」

と予想通りの返答。てめぇもだろうが!とツッこむジグマ。

彼らは考えた。努力値稼ぎためだけに生きてる存在ではないというのを否定するための手段を。

思いついた案は、ポケモンコンテストで優勝すれば人気者になれて存在が少し浮くかもしれない。というものだった。

こうしてジグマとパッチはポケコン優勝という目的で旅に出ました。

苦労しながらもやっとのことでノーマルランクの会場についたジグマたち。

そしていろんな人の協力でノーマルランク優勝!そして新しいメンバー「ワラシ」も加入!

そしてスーパーランクの会場に向かった3匹であった…。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



     ♪ポケコンについて♪


この物語のポケモンコンテストはゲーム上のポケコンとは少し違います。何が違うのかと言うと
1.3次審査がある
2.グループもしくはチームで参加すること
です

まず3次審査の説明をします。3次審査ではそのチームのライブを行ってもらいます。歌を踊ったり、ダンスをしたりなどいろいろ。客の盛り上がり具合で優勝が決まるのです。ノーマルランクではパッチの光のイルミネーションダンスで優勝が決まりました。知ってる人は知ってると思いますが。

次にグループorチーム参加について。これはそのままです。単にチームで参加するだけです。2次審査でそのチームの一人一人が順番にいろんな技を繰り出してかっこよさを競います

わからないことがあったらポケチャにきてください。たまにいますから



   ♪ハイパーランクかっこよさコンテスト出場者♪


今ジグパッチINワラシの3匹はポケコンに出場しています。そこで登場するチームをここで紹介したいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜『スラッシュ☆ナイト』〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ディオ:ニューラの♂。ボーカル担当


ゼラ:サーナイトの♀。キーボード担当


ゾエル:バシャーモの♂。ドラム担当


スィンガ:ルンパッパの♂。エレキギター担当


レオン:ライチュウの♂。トランペット担当

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜『シャドー&気合』〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



マヨ:サマヨールの♂。バイオリン担当


カイちゃん:カイリキーの♀。エレキギター担当


ゲンちゃん:ゲンガーの♀。ドラム担当


まさし:ドーブルの♂。ボーカル担当


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜『ゴスペラ―ズ』〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ジョン:?


マイケル:?


アレックス:?


ロビン:?


ジョージ:?


       ※全員ケッキングの♂。詳しいことは不明


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜











     ♪余談♪



8月4日:

只今ネタ帳紛失中のため本編を書く事が出来ません。ホントに申し訳ございませんが、それまで番外編を書くことにしました。
ネタ帳を必死に探しています。


8月18日:

自分誕生日を迎えました。自分おめでとー!!!!と、一人さみしく自分をお祝いするYO/Mです☆(何この紹介

オリンピックにぎやかですねぇアテネでしたっけ?あっちはなんか完成してないでいろいろ大変だったとか

…ま、これは余談だからね。特にネタを入れる必要もないか。んじゃバイビー(死



7月27日:


お久しぶりです。更新がだいぶ遅れました。申し訳ありませんでした。
2年間受験に必死だったのでギャグの腕が落ちているかもしれないです…つまんなかったらどうしよう…。





     ♪過去の作品♪


無能なお話はどうやら削除されてるみたいです

ポケ狩りバケーション(1スレ目)→http://bbs.capture-room.com/story/read.cgi?mode=past&no=447&p=5
↑もうすぐで過去ログから抹消されそうです…。さぁみんなコピってメモ帳にでも貼り付けよう!(ウルサイ
あ、プリントアウトしてもいいでs(だから黙れ



  次回の更新は未定です。ではYO/Mの作品をご覧ください!!
メンテ

Page: [1] [2] [3] [4]

Re: ポケ狩りバケーション 今日は久しぶりの番外編!!( No.52 )

日時: 2004/08/08 13:10
名前: cancer
参照: http://infinitepower.nobody.jp/
情報: ddujm20ds54.osk.mesh.ad.jp

こんにちは。覚えててくださって嬉しいです(感涙)
番外編も相変わらず楽しかったですvv
サトシは寝癖が凄いのか…
ライボルトって…ちょっとバラけたら超サ○ヤ人ですね(ェ)
ププリン…あぁ、本当にサ●エさんだ(笑)

今度はハルカのレポートでも(ポケモンキラーとして/殴)

でわでわ、ネタ帳早く見つかることを願っています!!
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 今日は久しぶりの番外編!!( No.53 )

日時: 2004/08/10 14:48
名前: ラティ
情報: yahoobb218121140029.bbtec.net

ムウマ、ダーテング、アサナン、ライボルト、ププリン・・・
すんごい寝癖だな、サトシ(てめえがいうことやないわ
私も結構寝癖アレですしねえ・・・(そうなんか
ネタ帳見つからなければ探しながらネタを考えればいいのs(黙れ
でわ、この辺で失礼!(ぇ

追伸

うちの(スラッシュ☆ナイトね)紅一点ゼラのことなんですけど、
キレたら誰にも止められません(でも滅多にキレません)10万ボルト連発です(ぇ
チーム全員にはともかく赤の他人にまで被害を及ぼす可能性50%(ぇ
でも観客には向けません。宝物みたいなもんですから(ぉ
治まるには少々時間がかかります。最低十時間(爆)
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 今日は久しぶりの番外編!!( No.54 )

日時: 2004/08/15 18:43
名前: YO/M
情報: p2032-ipad33hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp

こんにちわ。じゃ、まず感想をくれた方々に…


ヒナタさん>

夕食はなんでしょうね…メインがサトシのレポートなんで考えてませんでした(殴

考察ですか…。まだ書くの初めてなんでそこら辺は勘弁してやってください。



林檎さん>

幼稚園の頃はみんな髪の毛がやわらかいじゃないですか。だからもうライボルトとかそんなレベルじゃなかったと思いますよ(自分も寝癖すごいからなぁ…

今思えばアサナンの髪型ってすごいな…たまねぎじゃん(笑



cancerさん>

サトシの寝癖はこの話が最初ではありませんよ☆1スレ目の番外編にサトシの寝癖(ムウマ版)が出てきていますよ。

ハァ…番外編はいつまで続くんやら…早く本編を進めたいのに…



ラティさん>

そうですねぇ…なるほど新しくネタ帳を作り直すか…!!よし、そうしますわ!!ただ何日かかるかわかりませんけどね…

わかりました、ゼラちゃんはそのようなキャラが存在するとふむふむ…。じゃぁネタ帳復帰の際考えてみます



     では本題



















   そう…あれは奴の…





















   奴のあの一言からはじまったんだ…


















































ハルカ「私、将来ジョーイさんになるわ!!!!!!!」



一同「Σ( ▽Д▽)」







     ☆★番外編その5 『なんでそんなことを言うのですか』★☆←なんだこの題名(殴






一同「いきなり何言い出すんだよ!!!!!!!!!!!!!」



ハルカ「え、だってなりたいな〜と思ったから…」



サトシ「現実的に考えてみろ!!!!!!ハルカはどうやってもジョーイにはなれないだろ!!!!!!!!!!!」



ハルカ「えぇぇ?そうかなぁ…かわいいあたしにはぴったりだと思うんだけど」



ジグマ「かわいいかどうかは別としてハルカは今まで何をやってきた!!!!????」



ハルカ「料理でしょぉ?人助けもしたし、あと親孝行もs」



サトシ「違うだろ!!!!!!!!ポケモン殺したり目覚し時計盗んだり、人(テッセン)まで殺したじゃないか!!!!!!!!!!!!!前科多すぎんだよ!!!!!!!!」



ハルカ「大丈夫よそんなの。バレやしないわきっと!」



ワラシ「でもやめた方がいいよ!!!!!!!何かほかの職業にしたほうが絶対いい!!!!!!!」



ハルカ「うーん…わかったわよ、もっかい考え直す」



一同「(よかったぁぁ…)」



ハルカ「(でもなんでそこまで反対するのかな…)」































    


   PM1:00   みんなが楽しそうに昼飯を食べているとき…







ハルカ「よ〜し、決めたわ!!!!!!!」




   木の実をかじりながらワラシは言う




ワラシ「何が?」



ハルカ「将来のことよ!!さっきからずっと考えてたの!!」




   水を飲みながらサトシは言う




サトシ「で…(ゴクッ)、今度は…(ゴクッ)何になろうと…(ゴクッ)思ったわけ?」



ハルカ「あたし、将来看護婦になってみせるわ!!!!!!!!!!」



3匹「何―――――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!」



サトシ「∈≡≡≡≡===―(▽ε▽ )」




   サトシの口からハイドロカノンが放たれる




一同「なんでそうなる!!!!!!!!!?????????」



ハルカ「いいじゃな〜い☆やっぱり可愛い女の子は看護婦になるのが一番なのよ♪可愛いあたしが看護婦になった姿を想像してみ?うっとり☆」



一同「ハルカが看護婦…?」




   サトシたちはハルカが看護婦になった姿を想像してみた…






































Aさん(68)「わしは注射が嫌いだ!!!!!!!!!!!やめてくれぇ!!!!!!!!!」



ハルカ(看護婦)「そんなこと言っても注射からは逃げられませんよ?」



Aさん「ホ、ホントにやめてくれ!!!!!!!!!!!体に針が刺さるなんて考えたくもない!!!!!!!!!!!」



ハルカ「注射は血を採取することが目的なので、でかい蚊にさされたとでも思ってくれれば結構ですよ」



Aさん「余計いやじゃ!!!!!!!!!!!!!痛いんだろ!!!!!?????その針いたいんだろ!!!!!!????????」



ハルカ「でかい蚊に刺されたと思えば多少痛みは減るでしょう」



Aさん「いやじゃ!!!!!!!!!!!!注射なんか大っ嫌いじゃ――――――――――――――!!!!!!!!!!!!!」



ハルカ「っとにもう…(仕方ない、あの手を使うか)」



Aさん「わしは注射しないぞぉい、絶対やらん!!!!!!!!!」



ハルカ「…あ、流れ星!!!!!」



Aさん「え、どこじゃ!!!!!!!???????どこにあるんj」



ハルカ「コメットパ―――――――――――ンチ!!!!!!!!!!!!!!!」




   バギィィィィィィィィィィィィン……




Aさん「ほぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!」



ハルカ「ほ〜らキレイな流星拳でしょ?ウフフッ☆さぁ〜て採血採血♪♪」
































一同「いや―――――――――――――――――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」




   2ラウンド開始…




サトシ「絶対看護婦になるな!!!!!!!!!!!!!!」



ハルカ「え、今度はなんで?」



ジグマ「理由などいらん!!!!!!!!!!!!とにかくなっちゃだめだ!!!!!!!!!!!!」



ハルカ「理由がないと納得できないよ」



ワラシ「お願いだからならないで!!!!!!!!!!!!どうか考え直して!!!!!!!!!!!!!!」



ハルカ「どうしてそこまでムキになるかなぁ」



パッチ「職業はもっとあるから!!!!!!!!!!!!そこんとこよく理解して!!!!!!!!!!!!!!!」



ハルカ「…わかったよ、もう」



一同「よかったぁ…」



ハルカ「(一体何を想像してたのかしら…)」



































   PM6:00  夕食…


一同「いっただっきま〜す!!!!!!!!!!!!!!」





   モグモグ…ゴクッ…





サトシ「っあーうまい!!お、これもうまそうだ!!」



ワラシ「あ、俺もそれ食おーっと♪」



ジグマ「んじゃ俺はこっちぃ〜♪」



パッチ「僕は木の実ぃ〜……。ハァ…自然の味がする…」




   サトシたちは夕飯に大満足のご様子。そして水をゴクゴク飲む




ハルカ「ねぇみんな!!」



一同「ン?」



ハルカ「あたし、幼稚園の先生になるわ!!!!!!!!」



一同「∈≡≡≡≡===―(▽ε▽ )」




   今度は全員でハイドロカノンを放つ




ワラシ「なんで!!!!!!??????職業なんて他にもいっぱいあるでしょ!!!!!!!!???????」



ハルカ「女の子ってやっぱ幼稚園の先生でしょ〜!!かわいいあたしにピッタリよ!!」



ジグマ「かわいいかどうかは別として、なぜそういうのばっかり選ぶ!!!!!??????」



ハルカ「え?なんで?」



サトシ「どうして現実とつりあわないことばっかり言うの!!!!!?????自分が日々何をしてるか思い出してよ!!!!!!!!!!」



ハルカ「旅」



パッチ「ポケモンの狩猟でしょ!!!!!?????しかも普通に食ってるし!!!!!!!!!」



ハルカ「生きてくためよ、仕方のないこと。ほら、想像してみてよ〜あたしが幼稚園の先生になってる姿を!!うっとり〜☆」



一同「ハルカが幼稚園の先生…?」

















   そしてまた想像…

























ハルカ(幼稚園の先生)「ハァ〜イ、みんなは何になりたいですかー??」



Aちゃん「お医者さんになりたーい!!」



B君「僕は宇宙飛行士ー!!」



C君「俺はサッカー選手になる!!」



Dちゃん「あたしは看護婦さん!!」



ハルカ「うんうん、みんななれるといいね〜!!Eちゃんは?」



Eちゃん「あたしはねぇ、えっとねぇ、女優さんになりたい!!」



ハルカ「そっかそっか、それじゃぁF君h」



F君「俺は野球選手がいい!!」



ハルカ「いいねぇ、じゃぁGくn」



G君「俺は総理大臣!!」



ハルカ「そkk」



H君「僕は芸能人がいい!!」



ハルカ「s」



I君「俺はまだ決めてないや…」
J君「えぇ〜決めてないの〜?僕はやっぱ先生になりたいな!」
Kちゃん「あたしも先生になりたーい!」
L君「俺はサッカー選手になりたいな!!」
Mちゃん「あたしたちは看護婦さんになるんだもん!!ねぇ、Nちゃん!!」
Nちゃん「そうだよねー!!やっぱり看護婦さんだよね!!」
O君「俺は大工さんになりたい!!いっぱい家を作るんだ!」
Pちゃん「ピピー!!」(←ポン○ッキ?
Q君「僕は有名人になりたいかな!?いっぱい稼いでやる!!」
Rちゃん「あたしは天気予報のお姉さんになりたいn」



ハルカ「一人ずつ言えやクソガキャァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!!」






















一同「イヤ―――――――――――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!!」




   第3ラウンド開始♪



サトシ「いい加減自分にあった職業を選べ!!!!!!!!!!!どこまで俺らを困らせれば気が済むんだ!!!!!!!!!!」



ハルカ「(困らせる…?)え〜??あたしにピッタリだと思うんだけどぉ…」



ワラシ「それは外見でしょ!!!!!!?????ハルカの性格に合ってると思う!!!!!!?????」



ハルカ「ピッタリ☆」



ジグマ「んなわけねぇだろ!!!!!!!!!平気でポケモン襲って食う奴がどうやって幼稚園の先生になれるんだよ!!!!!!!!!!!!」



ハルカ「改心するのよ♪あたしは子供たちに夢と希望を与えるお姉さん☆」



パッチ「闇と絶望しか与えてねぇだろうがテメェは!!!!!!!!!!!!」



ハルカ「仕方ない。じゃぁベビーシッターにでもなr」



一同「ヤメィ!!!!!!!!!!!!!!!!」


























   そして夜…





ハルカ「グゥー…グゥー…」



ワラシ「…よし!」






























ジグマ「…それでだな、俺はこの方法で奴を…」



サトシ「フムフム…なるほどな…」



パッチ「…あ、ワラシが帰ってきた!」



ワラシ「ただいまー」



サトシ「おかえり。で、どうだった?ハルカはもう寝てた?」



ワラシ「うん、ぐっすり寝てたよ」



サトシ「よし、それじゃ今日のMSCを始めよう」





   MSCというのは『Midnight Secret Conference』の略。日本語に直訳すると『真夜中の秘密会議』

   メンバーはハルカを除くサトシ達4名で、当然秘密なのでハルカが寝てる最中に行う会議である。

   一応このMSCという名前を付けたのは一番頭がいいワラシ。



サトシ「まずMSCの議長である俺から一言。みんな今日はお疲れ様でした〜」



一同「お疲れ様でした〜」



サトシ「今日は違う意味で疲れたよな。俺らはハルカに何回説得した?」



ワラシ「13回でーす」



サトシ「そんなにやったのか…。ま、いいや。とにかく今日の議題はみんなわかってるよね?」



パッチ「どうしたらハルカの暴走を止められるか」



サトシ「その通り!!一応案が出てるからそれを発表してもらおうか。ジグマ!!」



ジグマ「OK!!まず、俺がハルカに『職業は決まったか?』って聞く。

んで決まってないなら『ハルカはまだ子供なんだから決めなくていいんだよ』って言う」



ワラシ「決まってた場合は?」



ジグマ「その場合は自然な感じでさっきのセリフにつなげる。そこら辺は俺に任せとけ!!」



ワラシ「わかった!!んじゃ、明日早速実行してみようか!!」



パッチ「そうだね!!今日のMSCはこれでひとまず終わりかな?」



サトシ「そうだな。よし、解散!!」




















   翌日…





ハルカ「ハァ…ひまだなぁ…」



サトシ「(よし、ジグマ今聞け!今がチャンスだ!)」



ジグマ「(了解!)」



ワラシ・パッチ「(がんばれー!)」



ハルカ「ハァ…やることないなー…」



ジグマ「ねぇハルカ!!」



ハルカ「ん?どうしたのジグマ」



ジグマ「あのさ、将来何になるか決めた?」



ハルカ「え?あぁ、あれね!!なんで?」



ジグマ「ん?ハルカはまだ子供なんd」



ハルカ「一応今んとこ決まってないんだよねー…何にしようかな」



ジグマ「ん。ハルカはまだ子d」



ハルカ「やっぱ早いうちに決めといたほうがいいよね…早く決めなきゃ!!」



ジグマ「でもハルk」



ハルカ「やっぱ女優かな?それとも看護婦!?どうしよ〜!!」



ジグマ「ハr」



ハルカ「女優ってうまくいけば稼げそう!!そうすればずっと困らないよね〜!!」



ジグマ「h」



ハルカ「人の話は最後まで聞け、バカァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!!」




   バキィィィィィィィィィィィィィィン…




一同「(それはお前だ――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!)」





























   そして今日のMSC…




パッチ「…えっと、今日の結果を報告します。まずジグマなんですけど、ワラシによると…」



ワラシ「一週間は目を覚まさないと思います」



パッチ「で、ハルカの暴走を止める方法は…」



ワラシ「自然に止まるのを待つしかありませn」



サトシ「解散!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」




             番外編 完!
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 2回目の番外編!!( No.55 )

日時: 2004/08/16 08:38
名前: ラティ
情報: yahoobb218121140072.bbtec.net

誕生日オメデトー!!
私はまだまだ先なんだよネ(ぉ
ジョーイ、看護婦、幼稚園の先生・・・
想像つきませんネvv(ぇ
ジグマとのやりあいが楽しかったです!
あはは、もう爆笑でした!あはは・・・(爆
ネタ帳見つかりましたか?
頑張ってくださいな!(迷惑?
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 2回目の番外編!!( No.56 )

日時: 2004/10/03 10:44
名前: ルナマリア ◆kMsOu7jjhY
情報: 218-228-250-147.eonet.ne.jp

名前変わりました・・・これからもヨロシクです。

参照数1400突破しそうです


>>なるほど新しくネタ帳を作り直すか…!!

私なんて話は大まかに頭で考えといて、1話1話ごとに細かいところを考えていくという計画性の無い作り方してますけどねー(ちょっとやばくない?

MSC・・・モビルスーツキャプテンって見た瞬間思っt(待てぃ

モビルスーツキャプテン(mobile suit captain)
って読んだんだよ。僕。一個一個辞書で調べたら大体のことは分かるんじゃないですか?(自分で言え


たまにはポケモン掲示板とか雑談掲示板にも来てくださいね。
あ、後私の小説にm(行かせるな
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 2回目の番外編!!( No.57 )

日時: 2004/08/26 21:00
名前: 天城  <sato-bou@desu.ne.jp>
情報: 219-122-223-147.eonet.ne.jp

うっひゃ〜・・・相変わらずギャグの腕は落ちてないですね、すごいです。

ハルカならば・・・将来の夢はお嫁さんとか(爆
あ、でもそれなら隣りに居るのはサトシ・・・なのかな。

暴れろハルカ。そしてがんばれジグマ。

えーと、以上です♪ それじゃ!(逃走(何故?
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 2回目の番外編!!( No.58 )

日時: 2004/09/23 15:17
名前: ラティ
情報: yahoobb218121140072.bbtec.net

以前のものを修正しようと思ったらパス忘れました(爆)
えー、今回はうちのキャラについてどーん!と語ります(ぇ

ディオ:リーダー様。少々捻くれ者(ぉ
ゼラ:結構大人しめ。でも以前お伝えしたようにキレたら止められない。
ゾエル:いつも冷静なわりには几帳面だったりする(ぇ
スィンガ:一番ノリノリなお方。コンテストじゃない時でも踊ってます(ぇ
レオン:語尾に「し」をつける(つまりそのままでいいです)
    

レオン「ちょい待て、俺の語り・・・」
ラティ「は〜いはいはい!強制終了♪」

・・・ではこれからも頑張ってください。
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 2回目の番外編!!( No.59 )

日時: 2005/03/11 16:31
名前: 林檎 ◆NPPXz8F5gI
参照: http://www.geocities.jp/sakonyama40rou/
情報: cache-tkp-aa05.proxy.aol.com

大爆笑です。
如何したらそう言う面白いギャグが思い付くんですか?
MSC・・・・・マスターカードって読みました。最初。(ぇ
ではコレからも頑張って下さい。
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 2回目の番外編!!( No.60 )

日時: 2005/03/14 01:41
名前:
情報: i218-47-204-25.s01.a012.ap.plala.or.jp

めっちゃさいこう!また書いてください!
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 2回目の番外編!!( No.61 )

日時: 2005/07/19 00:09
名前: ナイスマン
情報: i218-47-203-132.s01.a012.ap.plala.or.jp

面白すぎる・・
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 2回目の番外編!!( No.62 )

日時: 2005/07/28 23:26
名前: 夏天
情報: dhcp-ubr3-3643.csf.ne.jp

おぉ初めまして!夏天です!
番外編、ば・く・し・ょ・うです!!
何度見ただろうか…また見たくなります!!
なんか俺の作品で番外で出したらどうなるだろうか…
破壊神パワー全開かも…
本編も期待して待っています!早く読みて―――――!!!!
では!!!!
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 2回目の番外編!!( No.63 )

日時: 2006/07/04 18:42
名前: iiii
情報: softbank218137062063.bbtec.net

初めまして! 
もう、2年かいてませんよ?
自信を無くさないで下さい!
ラティさん、ルナマリアさん、
天城さん、林檎さん、
Tさん、ナイスマンさん、
夏天さんがみてます!
                                                                                                   
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 2回目の番外編!!( No.64 )

日時: 2006/07/25 13:04
名前: jmm
情報: softbank218137062063.bbtec.net

llll
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 約2年ぶりの更新!番外編!!( No.65 )

日時: 2006/07/27 16:20
名前: YO/M
情報: 82.235.150.220.ap.zero-isp.net

皆さん、お待たせして本当に申し訳ありませんでした。受験などでパソコンに触れる機会が全くなく、更新できませんでした。今はとある大学に通ってバイト三昧な毎日を送っています。
読者の中にはもうポケ狩りは打ち切りになってしまったと思っている人がいるかもしれません。その方たちには深くお詫び申し上げます。
本当に長い間更新できずに申し訳ありませんでした。
ネタ帳は相変わらず見つからず、もはや新しく書きなおすしかありません。そして作ってる最中に思いついたネタを今日、番外編で書きます。
本編を望んでいる方には申し訳ありませんが、完成次第すぐに投稿します。
自分の小説を読んでくださる方には本当に感謝しています。小説に寄せられる返信は自分の励みであり、宝です!
読者の方々を失望させないよう、これからも頑張りますので応援の方をよろしくお願いします!!














     ☆★番外編その6『彼が新聞に載る日』★☆























   ある日。。。



サトシ「ねぇワラシ…どうだった?」


ワラシ「ごめん、ダメだった…もう完全に原型をとどめてないよ」


パッチ「じゃあまた盗まなきゃいけないね…目覚し時計」


ハルカ「目覚し時計は旅にとても重要な道具だからね!!絶対盗むわよ!!」


サトシ「今日はどんな作戦でいくの?」


ハルカ「う〜ん…今日は作戦]αでいこう」


サトシ「]α?」


ハルカ「そっ。今日はそれでいくわよ」


パッチ「それってどんな作戦?」


ハルカ「一言で言えば難易度MAXの特別な作戦ね」


ジグマ「マジで?どんな作戦なんだろ…」






























   そして…


















ハルカ「…いい?今日やる作戦]αはさっき説明した通り、とても特別な作戦よ。念のためどうゆうものかおさらいしてみましょう!まずサトシから!」



サトシ「えっと…まず俺が宅配便業者を装って家に訪問。んで家ん中から出てきた住人をお届け物の箱の中に隠れているワラシが氷付けにする」


ハルカ「次、ジグマ!」


ジグマ「んでサトシとパッチ、ワラシが中に侵入。その間ハルカは逃げ道の確保を、俺は目撃者を出さないようにミサイル針を乱射」


ハルカ「次、ワラシ!」


ワラシ「中の住人全員を氷付けにしながらサトシ達と目覚し時計を探す。んで目覚し時計を見つけたら俺が受け取り、すぐにジグマの援護へ向かう」


ハルカ「最後、パッチ!」


パッチ「部屋に痕跡を残さないために、指紋などの除去。終了したらすぐサトシと撤収」


ハルカ「よしOK!!」


サトシ「で、今日はなんでそんな内容が濃い作戦なんだ?」


ハルカ「今日作戦を実行する場所は高級住宅街よ。お金持ちならそれなりの耐久力をもった目覚し時計を持ってるだろうしね。

毎朝壊れてたらキリがないもん」


サトシ「なるほどな。じゃ、いっちょやっか!!」


一同「オウ!!!!!」





































   おさらいしたハルカ達は作戦実行場所へ移動。そして現地に着き、作戦実行時刻…

















ハルカ「さぁ気合い入れるわよ!!!!!!!」


一同「セイ!!!!!!!!!!!!!」


ハルカ「いけサトシ!!」


サトシ「おう!!!!!!!」





   豪華な一軒屋の前にきたサトシ。そしてインターホンを鳴らす!!


   ピンポーン…





サトシ「お届け物でーす!!」


住人@「はーい」




   家の中から人が現れる!!





サトシ「ワラシ、今だ!!」


ワラシ「冷凍ビーム!!!!!!!!!」


住人@「ギャァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!」


サトシ「よし、行くぞ!!」


ワラシ・パッチ「OK!!!!」





   サトシとパッチ、ワラシの3人が中へ侵入!!と、その時!!


   ジリリリリリリリリリリリリリ!!!!!!!!!!!!辺りに警報が鳴りひびく!!





ジグマ「まずい、いきなりか!!」


ハルカ「頼むぞジグマ!!!!」


ジグマ「任せとけ!!!!」




   警報を聞きつけて辺りに人がやってくる!!




ジグマ「くらえミサイル針ぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!」





   ズバババババババババババババ!!!!!!




やじうま達「うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!」





   全針命中!!一撃でやじうま達を撃破!!



ハルカ「いいわよ、その調子!!!!よし、逃げ道の確保をせねば!!」


ジグマ「今日は調子がいいぜ!!!!オラオラオラオラァァァ!!!!!!!」
















































   一方…






























ワラシ「中の奴らは全員凍らしたよ!!」


パッチ「ありがとう!!サトシ、寝室は上だ!!」


サトシ「よし、行くぞ!!」


パッチ「それにしてもいきなり警報が鳴るとは…今回は盗み甲斐があるね」


サトシ「油断しちゃおしまいだな。確かに難易度MAXだぜ」


パッチ「…あ、ここが寝室だ!!」


サトシ「お、あったぞ!!目覚し時計だ!!受け取れワラシ!!」




   ワラシは目覚し時計を手にいれた!!




ワラシ「よし、じゃぁ後は任せたよ!!ジグマの援護に行ってくる!!」


サトシ・パッチ「了解!!」








































   ジグマ達のほうは…

















ジグマ「くそーキリがねぇ!!ゾンビみたいにわいてきやがる!!!!!」


ハルカ「ジグマ!!逃げ道の確保はできたぞ!!!!」


ジグマ「了解!!」


ハルカ「あとはあいつらが帰って来るのを待つだけね!!!!」





   ジグマはわいてくるやじうま達を撃破する!!だがサトシ達はいまだに現れない!!





ハルカ「あいつら遅いよ何してんだ!!!!!」


ジグマ「ハルカ、大変だ!!!!!!!」


ハルカ「どうした!!!???」


ジグマ「弾切れだ!!!!!毛が全部なくなった!!!!!!」




   もはやクマ以下の生き物と化したジグマ。




ハルカ「…誰アンタ」


ジグマ「ジグマだ!!!!!!!」


ハルカ「あ、またやじうまよ!!!!!!!」




   やじうまは更に勢力を増していく!!さらに追い討ちをかけるようにやじうま達は警察に通報し始めた!!




ジグマ「やばい!!!!!!どうしよう!!!!!」


ワラシ「ふぶき!!!!!!!!!」




   突如現れた助っ人のワラシのふぶきがやじうま達を一掃する!!




ジグマ・ハルカ「ワラシ!!!!!!!!」


ワラシ「遅れてごめんね!!ちゃんと目覚し時計はとれたよ!!でも、このままじゃまずい!!!!逃げよう!!!!!」


ハルカ「くそっ…まさかこんな展開になるとは…!!しゃぁねぇ、ズラかるぞ!!!!!!!!!」


ワラシ・ジグマ「了解!!!!!!!!!」




   逃げ道を使って走るハルカ達!!そしてついに警察が現れた!!




ジグマ「もう来やがった!!!!!!」


ハルカ「逃げ道使われておっかけられるとまずいわ!!!!!ワラシ、まきびしよ!!!!!!!!」


ワラシ「えいっ!!!!!!!!!」




   逃げ道に大量のまきびしがばら撒かれる!!




ハルカ「これでなんとか大丈夫ね!!!!こんだけの量なら誰も追ってこれないわ!!!!!!」


ワラシ「…あ!!!!!!!!!!!!!!!!!」


ハルカ・ジグマ「どうしたの!?」


ワラシ「サトシ達…」




























































ハルカ・ジグマ「…あ。」






















































   その頃サトシ達は…



























サトシ「パッチ、指紋とか全部消したか!!!!????」


パッチ「バッチリだよ!!!!!!!」


サトシ「よし、脱出だ!!!!!!!!!」




   サトシとパッチは玄関めがけて突っ走る!!そして、家を脱出したサトシ達の目の前に現れた光景は…



















































警察「そこの少年!!!!!!君は完全に包囲されている!!!!!おとなしくしなさい!!!!!!!!」






































サトシ「…アレ?」







































   ハルカ達の姿はどこにもなく、いるのは警察とやじうまがウジャウジャ。



パッチ「サトシ、ハルカの逃げ道を使おう!!!!!!」





   ハルカの逃げ道には大量のまきびしがビッシリ。




サトシ「…アレ?」


パッチ「なぜにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!!!」


警察「今だ!!!!!!!!!!取り押さえろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!!!」


サトシ・パッチ「ぎゃ――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!」







































   その日の新聞にて。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2006年△月□日 史上最凶の殺人鬼現る!!


とある高級住宅街の住人328人を殺害したとして、10代の少年Sが逮捕された。
少年Sは犯行後に警察署で事情聴取を行い、犯行動機で「目覚し時計がほしかった」と供述している。
精神状態に異常あるとみて、今後事件について詳しく追求していくと警察は記者会見で発表した。
少年Sは少年院に送られ、使用されたポケモンは保健所に送られた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



































   少年院にて…






















囚人@「おい、アイツだぜ例の殺人鬼はよ」


囚人A「最高じゃねぇか、奴とお友達にでもなってこいよ!」


サトシ「ハァ…なんか言われてる…」


囚人B「オイ」


サトシ「?」


囚人B「俺は鬼島虎死郎っつうんだがよ、テメェたくさん人をやっちまったらしいじゃねぇか。

テメェみてぇなクソ野朗は他にいねぇよ。お互ぇ死ぬまでよろしくな、ボスさんよ!」


囚人達「ゲヘへへへへへへ!!」


サトシ「いや――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!」

















































   保健所にて…






子供「あっママ−パッチ−ルがいるよぉ!!かわいいなぁママー、あれほしぃ!!」


ママ「ダ、ダメよ!!あれは殺人鬼と一緒に行動してたポケモンよ!!あんなのを欲しいなんて言ってはいけません!!」


子供「えー?殺人鬼ってなーに?」


ママ「人を殺した人のことよ」


子供「へーそうなんだー!!じゃぁ、あのパッチ−ルは現代の民主主義社会におけるクズなんだねー!!」


パッチ「うっせぇぞクソガキャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」















   二日後、生活に耐えられなくなったサトシとパッチは施設を脱出し、その一週間後に奇跡的にハルカ達と再会する。











   そして…


































ハルカ「作戦は成功ね」


サトシ・パッチ「失敗だろぉが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


ハルカ「多少犠牲は出たものの、目覚し時計は手に入ったしサトシ達も戻ってきた。それにジグマの毛も全部生えそろったしね」


ジグマ「ジグマだぜ!!」


サトシ「うるせ―――――!!!!!!!!!!お前らのせいで俺たちがどんなにひどい目にあったのかわかってんのか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


ワラシ「あん時出た新聞とかすごかったよね。なんせ目覚し時計のために328人殺したんだもん」


ハルカ「あたしの殺人記録をはるかに超える記録だわ。サトシが超えてはならない一線を超えたと思うとあたしはうれしいわ☆」


サトシ「俺は一人も殺してねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!」


ジグマ「そういやあん時の高級目覚し時計は使わないでおいたぜ!!サトシ達がない時に使っちゃうと悪い気がしてさっ♪」


サトシ・パッチ「悪いと思うんなら謝れ――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!」


ハルカ「サトシ達なしで目覚まし時計使うほどあたし達は酷じゃないも〜ん」


3人「ねー☆」


サトシ・パッチ「ねじゃね――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!」


ハルカ「今日は5人そろったから高級目覚し時計を使いましょぉ♪」


サトシ・パッチ「謝れ――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!」























































   翌日…









































サトシ「…ワラシ。どうゆうことだ」


ワラシ「いや、その…」


ハルカ「高級な目覚し時計ほど耐久力がある、ではなくて。本当は高級な目覚し時計ほど中身が複雑だってことよ」


ワラシ「直せなくてごめんなさい」


パッチ「あんなひどい目にあったのにこんなのあり!!!!!!!!!??????????」


ジグマ「いや、俺もこーゆーオチになるとは思わなかった」


ハルカ「しゃーねーから適当な目覚し時計でもパクってくっか」


サトシ・パッチ「NO――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!」








   おしまい☆


メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 約2年ぶりの更新!( No.66 )

日時: 2006/08/02 17:54
名前: 時雨
情報: dhcp-ubr3-3119.csf.ne.jp

こうして新しいスレを見るのは初めてです!!
前回投稿した夏天こと時雨です!!
いや〜サトシ&パッチ、殺人鬼とそのポケモンになっちゃいましたね〜(爆笑
ハルカは自分の殺人記録をはるかに超えたと言ってるけど、本人が自覚してないだけで…
知らぬ間に軽くサトシの倍は殺していそうな気が…
まぁ、俺もサトシが超えてはならない一線を超えたと思うと嬉しいけど…
ネタ帳がまだ見つからないのですか……

…ドンマイですね。(ヒデェ…
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 約2年ぶりの更新!( No.67 )

日時: 2006/10/04 20:48
名前: ファリス ◆gLn2em60IQ
情報: p3123-ipbfp905fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp

初めまして!ファリスです。

ここを読ませていただきましたが、とても面白い小説ですね!!
もう、親がいるのに 大 爆 笑 してしまいました。
続きを、楽しみにしています。
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 約2年ぶりの更新!( No.68 )

日時: 2006/10/19 20:46
名前: ダルジュロス
情報: i58-94-48-113.s10.a037.ap.plala.or.jp

初めて書き込みます。ダルジュロスです。とてもおもしろいです。弟といっしょにいつもみています。がんばってください。                                         次も楽しみにしています。
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 約2年ぶりの更新!( No.69 )

日時: 2007/07/22 12:31
名前: ゴリラ
情報: 210-194-87-5.rev.home.ne.jp

月月火水木金金
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション ( No.70 )

日時: 2008/08/19 14:28
名前: kkgck
情報: i58-89-42-168.s05.a015.ap.plala.or.jp

兄といつもみています。おもしろいのでがんばって書いてください
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 約2年ぶりの更新!( No.71 )

日時: 2008/08/19 14:40
名前: 銀時
情報: i58-89-42-168.s05.a015.ap.plala.or.jp

家にメモ帳が、あるんですが家でも同じことやってますYOMさん。
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 約2年ぶりの更新!( No.72 )

日時: 2008/08/19 14:45
名前: じゃただがざぇわあ
情報: i58-89-42-168.s05.a015.ap.plala.or.jp

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおオおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおオおおおおおおおおおおおおおおおおおおおオおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおオおおおおおおおおおおおおおおおおおおオおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおオおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおオオおおおおおおおおおおおもしれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 約2年ぶりの更新!( No.73 )

日時: 2008/08/19 14:49
名前: アニマル
情報: i58-89-42-168.s05.a015.ap.plala.or.jp

がーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーばーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーれーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー応援してるぞ
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 約2年ぶりの更新!( No.74 )

日時: 2008/08/26 10:15
名前: 織田
情報: i58-89-42-168.s05.a015.ap.plala.or.jp

世界に生まれてよかったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 約2年ぶりの更新!( No.75 )

日時: 2013/03/24 07:19
名前: F
情報: i114-181-101-139.s04.a012.ap.plala.or.jp

あげ
メンテ

Re: ポケ狩りバケーション 約2年ぶりの更新!( No.76 )

日時: 2015/02/21 02:17
名前: kai
情報: i114-185-157-193.s04.a012.ap.plala.or.jp

もう一度
メンテ
143 KB

Page: [1] [2] [3] [4]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
文字色
コメント
   クッキー保存