icon 時を告げるメシア

日時: 2007/12/31 15:39
名前: ◆YM7YlXAeYQ
情報: eatcf-126p233.ppp15.odn.ne.jp

   0.prologue


首尾一貫があってこそ、初めて物語というのは成立する。
大方、その思うのが普通なのだろうが、しかし私は違った見方に気付く。
否、逆転の発想を一人の少年に気付かされたと言った方が的確であろう。
そしてこの物語は、

時の運命すらを捻じ曲げる少年を中心とした終わりなき物語を、
生ける魂がそこに或る限り、物語は決して終わらないという事を。

きっと、君に語ってくれるだろう。もちろん、納得するかしないかは君次第。
それでも私は祈るであろう。この物語が、君の心に届き留まるように……と。
おっと、前置きはここまで、改めて君を招待するよ。

――果てのない人々の想いが交差する、無限の世界へようこそ。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
時を告げるメシアにようこそ。初めまして、今回小説に初挑戦の@と申します。
素人の処女作なので甘く至る点が幾つございますが、常日頃日々精進を目指すつもりです。
ちなみに更新のペースは不定期です。受験も迫ってきているので;
尚、アドバイス等はいつでも募集中です。右左も若輩者ですがこれからお世話になります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
メンテ

Page: [1]

時を告げるメシア( No.1 )

日時: 2008/01/01 16:51
名前: ◆YM7YlXAeYQ
情報: eatcf-123p214.ppp15.odn.ne.jp

――その時貴方はどうしますか?


――Chapter.1 〔Start line〕


  ○act.1 〔‐悪夢からスタート‐〕


 彼はそれが夢だとすぐに分かった。
 
 虚しく届かない一筋の炎、
 戦場はまさしく灼熱地獄、
 そして静かに力尽きる――相棒の姿。

 それは夢、と言うより悪夢、と言った方が正しかった……。


「……ふぅ」
 夢の終わり――外はフタバタウンの草原地帯。
 少年、布施謙吾<フセケンゴ>は安堵の溜息を吐いて、静かに上体を起こした。
 小鳥の囀りがかすかに聞こえる。左腕のポケッチを見ると、時刻は既に十一時五分前を示していた。
 不思議な事に、悪いはずの目覚めが恐ろしいほど良い。

(夢……か、久しく忘れていたな)

 時間がない、約束の時間は今から一時間後。ぼやぼやしている暇はあまりないだろう。
 久しく思い出す悪夢の事を忘れ、もう一度溜息を吐く。
 経験上、約束に遅れると恐ろしい事に苛まれる可能性がある。あんな思いは一度で充分だと思ったケンゴは、ズボンのポケットから傷ついたモンスターボールを取り出す。

「頼む、オオスバメ」

 ボールが地に着き、巨大燕のような鳥ポケモン――オオスバメがピィィィッ! と甲高い鳴き声を上げて現れる。
 遥か遠くの日から、共に戦って来た戦友でもあるケンゴのポケモン。
 久しぶりに外の世界に出たのが嬉しいのか、主人の用件も忘れて軽く旋回飛行を行う。
「おーい! ならしは終わったか〜?」
 ケンゴが優雅に飛び回るオオスバメに声をかける。遂に急ぐ羽目になってしまうが、トラブルなしに行けば間に合うだろう。
 そして、主人の声を聞いたオオスバメがゆっくりと地面へと離陸する。

「よし、目的地は――キッサキシティだ」

 目的地をオオスバメに教え込むと、今一度鳴き声を上げる。
 大きく素晴らしい両翼をバサリと広げ、高く高く空へと上昇していく―――


  ○ ○ ○


 シンオウ地方最北端、雪国――キッサキシティ。

「おっそい!!」

 幼馴染――雨宮遊里<アマミヤユウリ>が幼さの残る声でケンゴを一喝する。
 今は初夏を迎えていただけあって、キッサキシティの気候は基本的に落ち着いている。冬とは打って変わっており、町の住民達の服装も厚着ではなかった。

「うるせぇな……いいだろ? 時間には一応間に合ったんだから」
「よくないわよ! あたしなんてアンタより十五分前からここに居たんだからね!」
 相変わらずせっかちな所は変わってないようだ。時間にルーズな短所をとりあえずは自覚しているケンゴは、いい加減学習して貰いたいと心の奥底から願っていた。
 最も、言ったところでどうこうなる問題ではないのだが。

 不意に、船の汽笛が遠くから聞こえる――どうやら出発の時が来たようだ。

「わざわざ付き合わなくたっていいんだぞ?」
「無鉄砲なアンタを一人で行かせるわけにはいかないのよ。おばさんからも宜しく言われているしね」
「あんの……クソお袋」

 そうして、キッサキシティの船場から船に乗り込む二人。
 向かう先はホウエン地方。復讐者であるケイゴは、あえて逸り猛る復讐心を押さえ、にやりと不適に笑う。
 今だに自分の対して愚痴をこぼしているユウリを他所に。


「待ってろよ―――マツブサ=v
 
 



メンテ

オープンしました( No.2 )

日時: 2012/10/12 09:35
名前: 和子
参照: http://cat.64n.co
情報: 54.113.3.110.ap.yournet.ne.jp

私を満足させてくれる男性様を募集しています。( ●≧艸≦) → http://home.mbtu.net
メンテ
4 KB

Page: [1]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
文字色
コメント
   クッキー保存